ストレス性胃腸炎なび~正しい知識を身につけよう

ストレス性胃腸炎のすべてがわかるサイト

ストレス性胃腸炎にオススメな漢方比較リスト

ストレス性胃腸炎の情報をまとめました

仕事や私生活でストレスフルな出来事が続き、胃がキリキリと痛んだり、下痢をしてしまう…。それはストレス性胃腸炎です。

その特徴は、胃腸の器官に病変がないこと。しかし、デリケートな胃腸はストレスに敏感に反応するため、不調が生じるのです。

放っておくと、潰瘍など重篤な症状を誘引しますので、早めに対策を講じることが肝心です。

ストレス性胃腸炎にオススメな
漢方薬比較リスト

今すぐ確認!ストレス性胃腸炎チェック表

ストレス性胃腸炎のセルフチェック表を作りましたので、今すぐチェックしてみてください。

胃に痛みや不快感がある 胸焼け、吐き気がある
よく下痢をする、
または便秘がちである
胃腸の不調に伴い、
発熱することがある
不規則な生活を送っている あまり食欲がない
運動不足が続いている 趣味と言えるようなものがない
睡眠時間が少ない、
または不眠気味である

上記の症状や生活習慣にあてはまる箇所が多い人は、ストレス性胃腸炎の可能性が濃厚

気づいた今から、早目の対応をすることが大切です。

ストレス性胃腸炎におすすめの薬とは

ストレス性胃腸炎を自覚している人は、まず薬局で胃腸薬を買い求めるのではないでしょうか。しかしチョイスは慎重に!

深く考えずに購入してしまうと下痢や消化不良、免疫力低下などの副作用に苦しむことがあります。

おすすめは、天然の生薬である漢方を配合した胃腸薬。ストレス性胃腸炎に悩む方は、胃を温める働きを持った、以下の生薬に注目です。

  • ケイヒ(桂皮) ケイヒ(桂皮)停滞しているものを発散させる効能があり、芳香性健胃、解熱、鎮痛、整腸に効果を発揮する。
  • チョウジ(丁子) チョウジ(丁子)胃を温め、停滞しているものを発散させる効能がある。
  • ウイキョウ(茴香) ウイキョウ(茴香)健胃、整腸、鎮痛などの効能がある。

ストレス性胃腸炎は化学薬品で散らしても、すぐ元の状態に戻ってしまうことが多いもの。

漢方配合の胃腸薬でじっくりと改善に取り組み、ストレスに負けない胃腸環境を整えてあげるのが、オススメなのです。

生薬製剤イツラック

生薬製剤イツラック商品画像引用文:漢方生薬研究所
(http://www.herbal-i.com/z2/)
内容量 300mg×90カプセル
初回価格 2,980円(税抜)
1日の摂取量 3~6カプセル
販売会社名 漢方生薬研究所

公式サイトで
商品をもっと詳しくみる

胃酸過多と胃酸減少のどちらにもよく効く総合胃腸薬。

副作用の心配がない漢方(生薬)で構成されており、上記のケイヒ、チョウジ、ウイキョウのすべてを含んでいる優れモノ。

胃腸薬にはめずらしい小さなカプセルタイプなので、飲みやすく携帯にも便利。

私もストレス性胃腸炎を発症した際、病院の処方薬を飲んでいた時期もありますが、現在はこちらひと筋で再発を防げています。

ページトップ