ストレス性胃腸炎のすべてがわかるサイト

ストレス性胃腸炎にオススメな漢方比較リスト

方法1.生活習慣を改善する

このページでは、ストレス性胃腸炎の胃痛を改善する対策法として、生活習慣に着目しました。

ストレス性胃腸炎による胃痛を改善するため対策法とは

現代社会の中で心理的/社会的なストレスを感じずに生きることは、非常に困難です。

花と鳥しかしストレスをコントロールできず、絶え間なくストレスを感じ続けていると、やがて身体的な影響が必ず現れます。デリケートな器官である胃腸の症状はその最たる例で、胃痛や下痢に悩まされることとなってしまうのです。

症状が軽いうちはストレスのコントロール法を憶えたり、生活習慣を見直すことで症状が改善されることも、充分にありえます。以下をチェックしてください。

ストレスの原因と向き合う

ストレスをコントロールするためには、その原因と向き合うことが一番です。仕事や人間関係に問題がある場合、まず「自分に出来ることは何か」を考え、少しずつ状況を改善していく努力をしていきましょう。

また他の病気や更年期などでストレスが誘発されている場合もあります。無理をせず、かかりつけの医師に相談してください。

リラックスできる時間を設ける

ストレスフルな精神状態のときは、心身ともにリラックスすることがとても大切。とくに胃腸の働きは、休息の際に活動が活発化する、副交感神経に司られていることを憶えておきましょう。

入浴や仮眠、ヨガ、アロマテラピーなど、自分に合うリラックス法を見つけ出し、早めに実践するようにしてください。

ストレス解消法を見つける

ストレスの多い時期は、その原因をきれいに忘れられる時間を設けることも大切。趣味に熱中したり、運動に集中したりすることで、身体のストレス反応を抑えられます。

また信頼できる相手に悩みを相談したり、大きな声で笑ったりすることも効果的ですよ。

生活習慣に工夫を

生活習慣を改善することで、身体のストレス反応を抑えることも可能です。

  • 睡眠の注意点…睡眠不足や不眠はストレス性胃腸炎を悪化させます。十分な睡眠時間を確保する努力をしましょう。
  • 飲食の注意点…暴飲暴食やタバコ、コーヒーは症状を悪化させるので、極力控えましょう。
  • 胃薬を濫用しない…胃薬にもいくつかのタイプがあり、選択を誤ると症状が悪化します。できればきちんとした医師の診断を元に、処方薬を服用しましょう。漢方が効果的な場合もあります。

これらのポイントに気をつけながら、生活習慣を改善していくことが大切といえるでしょう。

ページトップ