ストレス性胃腸炎のすべてがわかるサイト

ストレス性胃腸炎にオススメな漢方比較リスト

方法3.薬を飲む

このページでは、神経性胃炎・ストレス性胃腸炎・慢性胃炎の薬について、調査しています。

ストレス性胃腸炎・神経性胃炎・慢性胃炎の薬とは

処方薬イメージストレス性の胃腸炎を意識したら、すぐに病院で診療を受けるのがおススメです。市販の薬には多数の種類があり、薬剤師のくわしい説明を受ける必要があります。症状に適さない薬を服用することで痛みが悪化してしまうこともありますから、なるべく医師の治療のもとに処方された薬を飲むようにしましょう。

医師の指導のもとに行われる薬物療法では、急性/慢性に関わらず、以下3種類の薬を処方されるのが一般的です。

胃酸分泌抑制薬

■主な種類

  • ヒスタミンH2受容体拮抗薬(シメチジン、ファモチジンほか)
  • プロトンポンプ阻害薬(オメプラゾール、ランソプラゾールほか)

「胃酸分泌抑制薬」は、その名のとおり、胃酸分泌そのものを抑える薬です。

非常に効果的で、服用後すぐに痛みが消える場合が多いようです。ただし再発もしやすいので、一定期間服用する必要があります。

またヒスタミン系はニコチンに弱いので、服用中、喫煙者はタバコを控えなくてはなりません。

胃粘膜保護薬

■主な種類

  • アズノール
  • アルサルミン
  • アルロイドG
  • ガストローム
  • ケルナック
  • セルベックス
  • ノイエル
  • プロマック
  • ムコスタなど

胃粘膜を保護し、防御力や修復力を高める薬が「胃粘膜保護薬」です。ジェネリック医薬品も多数あります。

運動機能改善薬

■主な種類

  • 副交感神経刺激薬(塩化カルプロニウムほか)
  • ドパミン受容体拮抗薬(メトクロプラミドほか)
  • 消化管運動調整薬(セレキノン、ガナトン、ナウゼリンほか)

「運動機能改善薬」は、胃腸の運動機能を改善/促進する薬です。痛みだけでなく吐き気やげっぷ、食欲不振などの症状が和らぎます。

区切り線

いかがですか?医師の指導のもと服用のルールを守りながら、症状の改善に努めていきましょう。

ページトップ