ストレス性胃腸炎のすべてがわかるサイト

ストレス性胃腸炎にオススメな漢方比較リスト
HOMEストレス性胃腸炎を治療するための3つの方法
【コラム】胃薬の副作用について

【コラム】胃薬の副作用について

このページでは、よく効く胃薬の選び方や、副作用の心配について調査しています。

よく効く胃薬の選び方や副作用への懸念を調査

女性ナビゲーターイメージストレス性胃腸炎を自覚している場合、病院へ行く前にまず市販の胃腸薬を求める人は多いと思います。しかし店頭でよく説明を受けず、適当に手を伸ばしてしまうのは危険です。

市販の胃薬にはいくつかの種類があります。自身の症状に合わないものを服用すると、症状が悪化してしまうことも…。以下を参考にしてください。

【市販薬の種類】

  • 健胃薬…疲れなどにより、食欲が減退している場合に服用。ストレス性胃腸炎には不向き。
  • 消化薬…食べ物の消化を助けて胃もたれを防ぐ。ストレス性胃腸炎には不向き。
  • 粘膜修復剤・制酸剤…過剰な胃酸分泌を中和して、胃の調子を整える。服用後すぐに中和が始まるので、ある程度即効性がある。ストレス性胃腸炎の改善を助ける場合も。
  • 酸分泌抑制薬…胃酸分泌を調節しているH2受容体に直接作用し、過剰な胃酸分泌を抑制。ストレス性胃腸炎の改善を助ける場合がある。
  • 胃腸鎮痛痙攣剤…副交感神経を麻痺させる痛み止め。ストレス性胃腸炎の痛みを和らげるが、これに頼りすぎて、症状を進行させないよう注意を。
  • 総合胃腸薬…健胃/消化/胃粘膜保護など複数の効果が期待できる。ただし効果があるのは一時的な症状のみ。

副作用はある?

胃薬には以下のような副作用も懸念されるので、注意が必要です。

  1. 下痢や消化不良
  2. 免疫力の低下
  3. ミネラルやビタミンの吸収低下
  4. 依存性の懸念

1~3は、胃薬を摂ることで一時的に胃酸分泌のバランスなどが乱れた結果として、生じる副作用のようです。

しかし4はやや心配。胃腸薬の中には、ストレス緩和の目的で抗うつ成分を配合しているものがあり、これを常用していると「胃腸薬がないと不安」という依存症が現れるそうです。

また添加物のアルミニウムを含む製品もあり、これらはアルツハイマーや認知症の遠因になりかねないと危惧されています。

胃薬を購入する場合は、成分をよく調べて、自分の症状に合うものを購入することが大切です。

区切り線

いかがですか?市販の薬はやはり、添加物の配合や副作用が気になりますよね。

近年は天然成分である漢方の中から、胃腸の不調に効果的とされるものをふんだんに含んだ、ナチュラルな薬も発売されています。

なるべく身体に優しく安全な薬を選び、ストレス性胃腸炎へアプローチしていきましょう。

ページトップ