ストレス性胃腸炎のすべてがわかるサイト

ストレス性胃腸炎にオススメな漢方比較リスト

おもな原因

ストレスで胃が痛い…。そんなストレス性胃腸炎を誘発する原因を調べています。

ストレス性胃腸炎を誘発する原因

ストレス性胃腸炎は、器官的な問題はないのに、胃腸に痛みや機能異常の症状が現れるのが特徴です。胃腸の働きは自律神経によって支配されていますが、自律神経には2つの系統があります。

  • 交感神経…身体が緊張し、活発に活動している時に働く。
  • 副交感神経…気分が落ち着き、リラックスしている時に働く。

胃腸は主に、副交感神経が優勢な時間に本領を発揮する器官。生活の中で慢性的にストレスを覚えていると、それに対抗するため交感神経の働きが活発化してしまうので、胃腸のパフォーマンスは自ずと低下し、さまざまな弊害が生じるようになるのです。

胃が痛いなど、ストレス性胃腸炎を発症しやすい人

とはいえ、ハードワークに身を置いている人に「ストレスを感じるな」というのは不可能です。

しかし、似たような状況下でも、ストレス性胃腸炎を発症する人と、そうでない人がいます。症状が出やすいのは、どんな人なのでしょうか。

  • 腹痛イメージ生活が不規則な人
  • 寝不足が続いている人
  • 暴飲暴食をしがちな人
  • 消化に悪そうなメニューを好んで食べる人
  • カフェインを含む飲み物を好む人
  • 運動不足の人
  • 趣味の時間を持たない人

上記にあてはまる箇所が多い人は、注意が必要です。

職種や勤務形態、それに伴う人付き合いなどはなかなか変えられませんが、生活習慣は日々の努力によって改善できる部分が多いもの。間接的なストレスマネジメントを上手に行う工夫を忘れないようにしましょう。

ページトップ