ストレス性胃腸炎のすべてがわかるサイト

ストレス性胃腸炎にオススメな漢方比較リスト

悪化するとこんなに危険

このページでは、ストレス性胃腸炎/神経性胃炎が悪化すると、どうなるのかを調べています。

ストレス性胃腸炎/神経性胃炎が悪化すると…

悩む男性器官的な問題はないのに、胃腸に痛みや機能異常が現れるストレス性胃腸炎。

病院へ訪れても、細胞粘膜に病変が見られないため、薬の処方などに至らない場合があります。

しかし胃腸は心因性ストレスの影響を受けやすい器官ですので、痛みを放置してはいけません。以下の症状が加速する可能性があると、意識しておきましょう。

胃の過剰な収縮による痛み

もともと伸縮性のある胃ですが、精神状態によって動きが生じることも多々あるようです。

強いストレスがかかると必要以上に「胃が縮む」という反応が生じ、腹部の筋肉や神経などと連動して、胃痛を引き起こします。

胃酸分泌が過剰に

ストレスにより胃の機能不全が起きると、胃酸分泌にも乱れが生じます。

胃酸には摂取した食べ物を溶かして、腸へと流すという大切な働きがありますが、過剰に分泌されると胃痛を生じさせたり、自身の胃壁を傷つけ潰瘍の原因になります。

胃腸の防御機能の弱体化

胃の防御因子と攻撃因子、腸の善玉菌と悪玉菌といったように、体内の器官は相反する要素が微妙なバランスで混在し、健康状態を保っています。

しかし過剰なストレスが加わり、自律神経が乱れることで、胃の攻撃因子や腸の悪玉菌が優勢となり、胃腸炎の症状を呈するようになってしまいます。

区切り線

クローバー上記のように、ストレスは胃腸の健全な運動機能を低下させます。間断なくストレスを感じ続けていると、症状が慢性化していくので、注意が必要です。

常に胃痛や腸の不調を感じ続けていると、知覚過敏になって、ますますストレスが溜まるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

また胃腸という生命活動に重要な器官を荒れたままの状態で放置しておくと、ガンなどに発展し、取り返しのつかない状態になってしまうことも…。

早期改善や治療に努めることが大切です。

チェックマーク症状が悪化するまえに取り入れたい
ストレス性胃腸炎にオススメな漢方薬リスト≫≫

ページトップ