ストレス性胃腸炎のすべてがわかるサイト

ストレス性胃腸炎にオススメな漢方比較リスト

ストレス性胃腸炎の症状

このページでは、腹痛や熱、下痢などストレス性胃腸炎の症状を紹介しています。

腹痛や熱、下痢などストレス性胃腸炎の症状

胃の痛みイメージ胃の不調が続いている場合、その原因にストレスが関係していることは、大いにありえます。胃は食べ物を消化するタフな器官である反面、心理的な負担の影響を受けやすいデリケートな器官でもあるからです。

ストレス性胃腸炎には以下のような症状が考えられますので、思い当たるところがある人は、ぜひチェックを。

胃の痛み

胃炎を自覚する第一歩です。キリキリと痛んだり、もたれた感じがしたり、ムカムカする胸焼けと共に生じたりと、種類もさまざま

こうした胃痛が続くことで食欲不振に陥るケースは多いようです。また就寝前に不快感に見舞われることで、不眠症が誘発されることもあるそうです。

そのほか、胃の痛み(痙攣)から腹痛がひどくなるケースもあるので注意しましょう。

下痢

胃と同様、腸も精神的ストレスの影響を受けやすい器官です。精神的な負担が重くのしかかると、腸管の異常運動が誘発され、突発性の下痢に悩まされることになります。

逆に腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:消化管をはじめとした臓器が収縮する運動)が低下し、便秘になることも…

さらに下痢と便秘を交互に繰り返すという、やっかいな症状に陥ることもあります。

 

上記以外にも、胃の痛みを放置したために、頻繁に吐き気に襲われるというケースもあるようです。こうなると体重が減少してしまうなど、見た目にもわかる変化が生じてしまいます。

また心因性の発熱を伴い微熱の状態が続く、全身でなく手のひらや足底などの限定的な発汗が起きる、などの症状が出る場合もあります。

いくつかの症状に覚えのある人は、早めに対策を考えていく必要があるのではないでしょうか。

ページトップ